ペットボトル水の安全性

ペットボトルのお水(ミネラルウォーター)は安全性が高いのか?安全性を考えます

ペットボトルのお水(ミネラルウォーター)は安全か?

水道水とペットボトルのお水(ミネラルウォーター)を比べると、なんとなく「ペットボトルの方が安全」というイメージがあるかもしれません。

では、実際にはどうでしょうか?

水道水は、「水道法」という法律で50項目もの水道水質基準が決められています。それに対して、ペットボトルのお水に対しては、「食品衛生法」という法律で18項目の製造基準があるだけです。このように、水道水の方がはるかに厳密な基準をクリアしているのです。

また、ペットボトルのお水(ミネラルウォーター)には、成分表示も義務づけられてはいません。ペットボトルのお水(ミネラルウォーター)のラベルに表示されているミネラル分の含有量等の表示は、あくまでもメーカーの自主的な判断によるものです。

法的な規制値に守られているという観点では、水道水の方がより安全で、安心できるお水といえるのです。しかし、ペットボトルのお水(ミネラルウォーター)の方が安全というイメージがつきまとうのは、水道水が私たちの家庭の蛇口に届くまでに、水道管や貯水タンクなどを通るとき、他の物質が入り込んだりする可能性があるからではないでしょうか。

逆浸透膜浄水器ならそんな不安は解消できます。0.0001ミクロンのフィルターで、これまでの浄水器では取り除けなかった病気やアレルギーの原因となる有害物質まで徹底的に除去します。多くの水質基準をクリアした水道水を更に安全で安心できるお水に変えてくれるのです。